芯を持って、ゆるく生きる

読んだらちょっぴり勇気の出るブログ

73. さあ、才能に目覚めよう!自分の強みと弱みを仕事選びに活かす

こんにちは。じぇいです。

「これ、自分に向いてる!」とか「なんかこれ、自分にむいてないなー」って感覚を覚えたことないでしょうか?

以前、強みに関して以下の記事を書きました。

js24.hatenadiary.jp

ここでは自分の強みの活かし方について考えましたが、今回は自分の弱みについて考えてみました。

今の会社に入社してから約1年(’16年4月~)、以下3つに示すように製造業の主要部門に関わることが出来ました。

開発(配属部署にて)

生産(工場実習にて)

営業(販売店実習にて)

実際に各フェーズで働いてみることで、必要な能力も異なることが分かりました。

開発:企画提案力やマネジメント力など

生産:標準作業をやり抜く力や体力(←これが一番大事かも…)

販売:コミュニケーション能力(ざっくりとですが…)

自分が仕事を選ぶ場面に遭遇した時、「各仕事で必要な能力」と「自分の強み」が一致しているかどうかは非常に重要。逆に「自分の弱み」を見極めた上で仕事を選ぶという観点も重要です。苦手なことってある程度のレベルまでは努力で克服出来るけど、あるところで頭打ちになる感覚が僕にはあります。

特にこれから進路を決める学生の方には、「会社選び」ではなく「仕事選び」という観点も大切にして欲しいです。実際に働いた経験がないと仕事をイメージするのは難しいかもしれませんが、インターンシップに参加したり、社会人に話しを聞いてみたりすることでシュミレーションしてみることが大切です。

僕で良ければいつでも質問に答えますので、ブログコメントいただけると嬉しいです!

広告を非表示にする