芯を持って、ゆるく生きる

読んだらちょっぴり勇気の出るブログ

74. 実体験のすすめ

こんにちは。じぇいです。

昨日は大学の後輩が名古屋に来てくれました。

と言っても今回初めて会う子だったのですが。

なぜ名古屋に来たのかと言うと、僕のインドでのインターンの話しを聞くため。

その子は来週から台湾で1年間のインターンをするそうです。

 

その子とは3時間がっつり海外インターンについて話しました。

中でも特に大切だと感じたその子からの質問は、

インターン行く前と行った後でなにが変わりましたか?」です。

 

その質問に対する僕の答えは、

“海外”と“仕事”に対するイメージが具体的になった」です。

これによって、自信を持って進路を選択することが出来ました。

 

特に学生時代は、”海外”と”仕事”に対するイメージは漠然としたものになりがちです。

でも実際に行ったことのない、やったことのないことに対して、

具体的なイメージを持つことは非常に難しいと思います。

 

にも関わらず、”海外”で”仕事”をしたいと思う人は一定数います。

ちゃんとした理由を持っている人もいますが、

かっこいいなぁ…という漠然とした理由でこう思う人もたくさんいます。

 

かく言う僕も、”海外”に行ったこともなければ”仕事”をしたこともないのに、

“海外”で”仕事”をしたいと、一度目の就職活動の面接では話していました。

ただしそれが面接官に響くことはありませんでした。

 

その時の反省を踏まえて、野球部を引退してから”海外”インターンに挑戦しました。

インドで半年間生活と”仕事”をすることで、

“海外”と”仕事”に対するイメージが実体験に基づくものになり、

二度目の就職活動では、自信を持って面接に臨むことが出来ました。

 

実体験に基づく具体的なイメージ、これ大事です。

広告を非表示にする